株式会社ドラッグみなみ    http://373.ptu.jp/

メシマコブとは?
本文へジャンプ
 

 <お知らせ>
天然メシマコブはすべて取り扱い中止です。

<おすすめ!>
ゼリア新薬よりメシマコブ・ローヤルゼリー含有
ローヤルエナジーMEが新発売しました。







メシマコブって何?

メシマコブは、中国の植物名で針裂蹄と呼ばれるキノコと

同一のもので、主に野生の桑の木にコブ状に生えます。

日本では、長崎県の女島で多く採取されたことから

メシマコブ(俗名)と呼ばれたとされています。

現在、中国で桑黄と称するものの基原は、

キコブタケ(Phellinus igniarius)であり、メシマコブ

(P.linteus)とは基原が異なります。

メシマコブの形態は
ツリガネタケ、ツガサルノコシカケ、フコキサルノコシカケ等に

似ているために、それらのキノコがメシマコブと間違えられることもあります。

メシマコブは自然界での発生が少ないので、入手困難な大変貴重なキノコです。

その優秀性については、以前から
一部では知られていましたが、

子実体の人工栽培は
大変難しく、安定供給が出来ないため商品化が遅れていました。

(但し、菌糸体の培養は容易なので、その応用商品が一部に出回っているようです)

Jハーブのメシマコブ製品は、ツムラが長年にわたり培ってきた

植物等の高度な鑑定技術を受け継ぎ、峻別した

真正の子実体を使用しています。

子実体の人工栽培が難しい
キノコの場合、菌糸を培養する方法(菌糸体培養)が

ありますが、Jハーブの取り扱うメシマコブはすべて

自然産のメシマコブ子実体で、菌糸体培養品ではありません。






メシマコブノールの発見

天然メシマコブに新規成分メシマコブノールが

含まれていることが、発表されました。


天然メシマコブ子実体に含まれる新規化合物Meshimakobnol(a),(b)は、

天然のメシマコブ子実体だけに含まれているカフェー酸由来物質で、

人工的に作られたメシマコブには見られない成分です。





菌糸体培養品と子実体
キノコの胞子には雌雄に似た区別があり、

発芽してプラスの1次菌糸とマイナスの菌糸が

合体して2次菌糸をつくり、2次菌糸が密集し結束して子実体となります。

この子実体が、一般にキノコと
認識しされているものです。

(自然界には、子実体を形成しないキノコもあります)

1次菌糸を人工的に培養するのが菌糸体培養であり、

菌糸体培養品は自然産の子実体とは栄養成分や性状が異なります。




天然のメシマコブは、20年の時を凝集した

「大地と森の精」にいわば培養されたもので、

人工栽培のものには見られない「メシマコブノール」のような、

まさに20年の時を凝集した成分を含んでいます。



   

                      
                       
                          戻る

               

    ドラッグみなみオンラインショップ  メシマコブ研究会  メシマコブの選び方 
    天然メシマコブ研究会  くすりのみなみ   ドラッグみなみ   エステサロンみなみ 
    くすりのみなみ2号館   くすりのみなみ3号館